教習

概要

平成27年12月3日付で農林水産省より「空中散布等における無人航空機利用技術指針」が通知され、農林水産航空協会より「産業用無人航空機運用要領」が示されました。
これにより無人航空機及び散布装置の性能確認を受けることになりました。
併せて、教習施設登録や整備事業所登録が必要となりました。無人航空機による散布業務を行うには「オペレーター技能認定証」を取得することが必要となりました。

*

弊社では農業用マルチコプターの教習(技能認定、整備士認定)を随時行っております。
初めてご導入の方は5日間、産業用無人ヘリコプター操縦経験者の方は3日間技能認定教習を受講することとなります。
(天候や習得状況により日程は変更となることがあります。)

*

東光鉄工UAV事業部は平成29年4月より、廃校となった旧雪沢小学校に移転しました。
教習のみならずマルチコプターの製造等様々な業務を広大なグラウンドと古き良き教室を利用し行っております。雨天時には体育館を利用し操縦訓練を行うことができます。
教習申込時は、TSV-AQ1もしくはTSV-AH1、TSV-AH2(MG-1の教習も可能)の機体をお決めになってからお申込みください。

*

ドローンスクール農水航空協会認定教習施設

読み込み中... 読み込み中...

農薬散布教習

昨今、ドローン関係の事故報道が増えている中、平成27年に航空法の一部改正により、マ ルチローター(ドローン)・産業用無人ヘリコプターを含むすべての「無人航空機」(超軽量 の200g未満のものは除く)が航空法の規制対象となりました。

その中で農薬・肥料の散布 や播種等のために無人航空機を飛行させる場合は免許の取得が必須となっております。

オペレーター教習
5日間プログラム

学科内容
2.5日間

FLOW.1

農林水産航空法に関すること

関係法令、通知、仕組み等

農林水産航空法に関すること
FLOW.2

マルチローターの運用管理に関すること

実施組織、電波管理等

マルチローターの運用管理に関すること
FLOW.3

機体の取り扱い及び安全使用に関すること

バッテリーの知識・取り扱い方法、操縦方

機体の取り扱い及び安全使用に関すること
FLOW.4

農薬等の安全使用に関すること

農薬取締法、食品衛生法

農薬等の安全使用に関すること
FLOW.5

病害虫・雑草防除等マルチローター利用技術に関すること

病害虫・雑草防除等マルチローター利用技術に関すること
FLOW.6

学科テスト

合格後、実技教習

学科テスト

実技内容
2.5日間

FLOW.1

PC(シュミレーター)による飛行技能講習

FLOW.2

ホビー機を用いた飛行訓練

ホビー機を用いた飛行訓練
FLOW.3

訓練機を用いた飛行訓練

訓練機を用いた飛行訓練
FLOW.4

実機を用いた飛行訓練(基本飛行)

実機を用いた飛行訓練(基本飛行)
FLOW.5

実機を用いた訓練飛行(応用飛行)

実機を用いた訓練飛行(応用飛行)
FLOW.6

実技テスト

合格後、教習プログラム修了

実技テスト

教習費

教習費(5日間)150,000円
受験料及び免許発行手数料15,000円
165,000円
(税別)

産業用ヘリコプターの免許をお持ちの方

教習費(3日間)90,000円
受験料及び免許発行手数料15,000円
105,000円
(税別)

※機種拡張の場合は1機種につき+5000円

i-Construction 教習

国土交通省では、「ICT の全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入すること によって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もっと魅力ある建設現場を目指す取 組であるiConstruction(アイ・コンストラクション)を進めています。

3次元データの活 用などを進めることで、生産性が高く魅力的な新しい建設現場を創出することを目的とし、 当社でも6月より国土交通省の管理団体、講習団体として認定が下り、講習を開始しております。

*国土交通省認定管理団体、講習団体一覧

基礎操縦技能コース

学科1日 + 実技1日

PHAMTOM、INSPIRE等のホビードローンの操縦と運用ができるようになる入門レベルコースです。

受講料

80,000円(税別)

安全運行管理者応用技能コース

学科1日 + 実技1日

安全運用管理の取得と自動航行空撮機 TSV-PH1、TSV-M600の自動操縦、PCでの自動航空ルートの作成、自動航空で測量空撮ができるようになるレベルになることを目的としたコースです。

受講料

100,000円(税別)

基礎操縦技能コースを受講のお客様は120,000円

i-Constructionコース

学科1日 + 実技1日

i-Constructionの知識に加え、ソフトを仕様した処理方法と測量空撮を目的としたコースです。安全運用管理者の取得と自動航行空撮機 TSV-AH1、TSV-M600の自動操縦、PCでの自動航行ルートの作成、ドローンでの測量空撮、3Dオルソ処理ができるようになることを目的としたコースです。

受講料

120,000円(税別)

応用操縦技能コース受講修了者のみ

160,000円(税別)

上記以外の一般者
※安全運行管理者応用技能コースを修了している方は実技2日間