平成27年12月3日付で農林水産省より「空中散布等における無人航空機利用技術指針」が通知され、
農林水産航空協会より「産業用無人航空機運用要領」が示されました。
これにより無人航空機及び散布装置の性能確認を受けることになりました。

併せて、教習施設登録や整備事業所登録が必要となりました。無人航空機による散布業務を
行うには「オペレーター技能認定証」を取得することが必要となりました。

弊社では農業用マルチコプターの教習(技能認定、整備士認定)を随時行っております。
初めてご導入の方は5日間、産業用無人ヘリコプター操縦経験者の方は3日間技能認定教習を受講することとなります。
(天候や習得状況により日程は変更となることがあります。)

東光鉄工UAV事業部は平成29年4月より、廃校となった旧雪沢小学校に移転しました。
教習のみならずマルチコプターの製造等様々な業務を広大なグラウンドと古き良き教室を利用し
行っております

教習申込時は、TSV-AQ1もしくはTSV-AH1の機体をお決めになってからお申込みください。

免許取得後は5年に一度免許更新が必要となります。(当面は3年)